メニュー

イベントや商品の情報を発信中!

ゆで干し大根?切り干し大根?-しょくひんかん通信-


皆さま、ゆで干し大根ってご存じですか?

わたしが普段買うもの、目にするものは「切り干し大根」ですが、ゆで干し大根と切り干し大根の違いはなんでしょうか。

切り干し大根は千切りして天日で乾燥させたもの。関西では千切り大根とも呼ぶそうです。
切り干し大根の生産一位の県は宮崎県。全国の90%を生産してます。

さて、ゆで干し大根は千切りした大根を一度茹でてから干して乾燥させたもの。
名前の通りですね。
1度茹でる為、切り干し大根に比べ水に戻しやすく、柔らかく、大根の甘味が増すそうです。
生産は主に長崎県の西海市、五島市で作られており、海岸の絶壁に干場があり、海からの冷たい風で乾燥させます。長崎県、九州地方でよか食べられてるそうです。
だから関東ではあまり見かけないのですね。

そして、ゆで干し大根専用の大根があるそうです。
「大栄大蔵大根」といって身が固く、煮崩れしにくいことからゆで干し大根に使われてるそう。

今回はゆで干し大根を使って人参とこんにゃくと煮物を作りました。切り干し大根より柔らかく美味しくいただきました。

皆さ、ゆで干し大根と切り干し大根の違い、お分かりになりましたでしょうか!
長崎県コーナーにて販売しております!

以上、しょくひんかん通信でした。

日本百貨店しょくひんかんスタッフ R

このおはなしをシェア