メニュー

イベントや商品の情報を発信中!

【エピソードのある買い物】-しょくひんかん通信-


突然ですが、みなさまはどうやってお買い物をしていますか?
最近は特にインターネットで買い物をされる方が増えていますね。私もついついポチッと買ってしまいます。

そんな中、ふと部屋に目を向けると、今手元に残っているものの共通点に気が付きました。
それは、「買ったときのことを想い出すもの。」でした。
どういうことか、少々お時間をいただきお話しさせてください。

こちらの手拭いは、長く手元にあるうちのひとつです。

買ったのは7年ほど前。
ある和雑貨屋さんに立ち寄ったときのことです。
そこの店主さんは気の良い女性で、和雑貨、作家さんについてだけではなく、日本の文化や言い伝えなどもお話してくださいました。
そして「干支のものを持つと縁起が良い。」と伺いました。
ですが、自分の干支のものを見てはみるものの、なんだかしっくりくるものがない。悩んでいる私を見て店主さんは、「自分の干支のその背中の位置にある干支もまた守護神として縁起が良い」と教えてくださいました。
私の守護神は寅でしたので、早速見てみると…力強い目に心奪われ、一目で気に入ってしまった。
こんなエピソードのある手拭いです。
長く使っていく中で、傷んでしまった部分もありますが、手をかけあることでより愛着が湧き、今もこれからも長く使い続けていきたいものです。

そのほかには、こちらの器。

作家さんが試行錯誤で作られているお話。
焼き上げる際の一瞬の偶然で起こる色の変化についてのお話など、使うときに必ず想い出します。
そしてなんだか、食べる物も美味しく感じてしまう。(不思議だな〜)

こちらのラフィアの帽子は、異国の様子に想像を巡らし作られたチャーミングな女性の顔を想い出し、幸せになります。

きっと皆さんのお手元にも強く想い出、想い入れのあるものがあるかと思います。

人と物がつながる
人と物と人がつながる

日本百貨店には、人と物と人がつながることがたくさんあるなあと感じております。
今は難しいですが、作り手さんとお会いできるお店であり、それぞれの物に対して愛をもっているスタッフの多いこと!

これからも、みなさんのエピソードのあるお買い物の場所としていられましたら嬉しいです。
そして安心な世の中になったら、あの作り手さんや、あそこの店主さんに会いにいきたいな〜と思っているスタッフOです。

以上、今週のしょくひんかん通信でした。

このおはなしをシェア