メニュー

イベントや商品の情報を発信中!

【あの頃の駄菓子屋さん】―しょくひんかん通信―


春も過ぎ、GWも終わってしまい、そろそろ梅雨の季節になりますね。

大変ありがたい事に、3月・4月はメディアで多数取り上げていただき、より多くのお客様に「日本百貨店しょくひんかん」を知っていただく機会がありました。

さて皆様、そんな日本百貨店しょくしんかんにご来店下さり、どのようなイメージを持たれましたでしょうか?

私は「駄菓子屋さん」だと思っています^_^
なぜそのように表現したかというと、当店は日本各地の様々な商品を取り扱っている事から、その土地ならではの商品を発見したお客様が、

「うわあ懐かしい〜!」
「コレ置いてあるんだ〜」
「こんなの知らない!買ってみよ〜」

とお客様同士でお話ししている姿をよくお見かけするのですが、
その様子が、以前久しぶりに駄菓子屋さんに立ち寄った時に感じた、

「子供の頃このお菓子すごく好きだったな!」
「懐かしい〜!」

といった、どこか嬉しくなる感覚と似ていると思ったからです。
(お店全体の賑やかな雰囲気も、なんとなく駄菓子屋さんっぽい感じもします。。)

当店のある商業施設<CHABARA(ちゃばら)>の入口からは、館内の賑やかな音楽や店内アナウンスが聞こえてきます。
その声に、音に、是非、釣られてみてください。
きっと、幼い頃に足繁く通ったあの頃の駄菓子屋さんのような、懐かしさとワクワクを感じていただけるはずです。

以上、今週のしょくひんかん通信でした。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
スタッフN

このおはなしをシェア